サイトメガロウイルスの初感染を契機に混合型自己免疫性溶血性貧血を発症した健常妊婦 Mixed warm and cold antibody-type autoimmune hemolytic anemia in a healthy pregnant woman with primary cytomegalovirus infection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は25歳,初産婦。周産期科の妊婦定期検診(妊娠16週)にて,正球性正色素性貧血(ヘモグロビン6.7 g/d<i>l</i>)を初めて指摘された。当科へ入院後,サイトメガロウイルス(CMV)の初感染を契機に発症した混合型自己免疫性溶血性貧血と診断した。プレドニゾロン内服による治療を開始したところ,赤血球自己抗体価とサイトメガロウイルス抗体価の低下を認めるとともに,貧血も改善し健児を出産した。これまでCMVの初感染による混合型AIHAの報告はなく,示唆に富む症例と考えられた。

A 25-year-old previously healthy pregnant woman was admitted to our hospital because of severe anemia (Hb 6.7 g/dl), and diagnosed as having mixed-type autoimmune hemolytic anemia (AIHA) due to de novo cytomegalovirus (CMV) infection. After daily administration of prednisolone, the anemia gradually resolved and the patient delivered a healthy baby. This is the first report of a healthy person suffering from mixed-type AIHA due to de novo CMV infection.

収録刊行物

  • 臨床血液

    臨床血液 43(1), 29-34, 2002-01-30

    一般社団法人 日本血液学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008355762
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00252940
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04851439
  • NDL 記事登録ID
    6293737
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-295
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ