高度石灰化完全閉塞病変に対してロータブレーター^<TM>後複数ステント留置にて完全血行再建に成功した1例 Coronary Stenting after Rotational Atherectomy in a Calcified, Totally Occluded Complex Lesion : A Case Report

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology

    Japanese journal of interventional cardiology 13(5), 451-454, 1998-10-10

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008359872
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ