肝膿瘍を合併したクローン病の1例  [in Japanese] A case of Crohn's disease complicated by liver abscess  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は28歳男性.平成7年発症の小腸型クローン病で平成8年回腸切除,狭窄形成術施行後,在宅経腸栄養療法,5-ASA内服を行っていた.平成12年8月腹痛,下痢を認め小腸病変の再燃と判断し入院した.絶食,IVH管理により症状は寛解したが,再度腹痛と共に発熱を認めた,腹部CTで肝S4に壁肥厚をともなう不整形の低吸収域を認め,肝膿瘍と診断した.エコーガイド下経皮経肝膿瘍ドレナージにより改善した.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(2), 152-156, 2002-02-01

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  15

Cited by:  4

Codes

Page Top