IFN治療中に意識消失を来したC型慢性肝炎の1例  [in Japanese] A case of epilepsy after therapy with interferon-alpha-treated chronic hepatitis C  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は46歳男性.C型慢性肝炎に対するIFN-α投与にて,全身性の痙攣をともなう意識消失発作を来した.脳波所見にて,広汎な徐波とspike and waveが認められ,てんかん発作と診断した.ゾニサミド投与にて改善したが,自己中止後も発作は認められず,また脳波も正常化した事から,IFNによるてんかん発作と考えられた,今後IFN治療時には脳波異常も十分に考慮すべきであると考える.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(2), 161-164, 2002-02-01

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  11

Codes

Page Top