Peutz-Jeghers症候群に合併した,膵管内腺癌の1例  [in Japanese] A case of intraductal adenocarcinoma of the pancreas with Peutz-Jeghers syndrome.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は61歳,女性,Peutz-Jeghers症候群にて経過観察中,偶然に膵頭部腫瘤を認めた.入院精査を開始したが,小腸ポリープ切除などの数回の開腹手術の既往があり診断に難渋した.非浸潤性の膵癌と診断し膵頭十二指腸切除術をしたが,切除の可否,術式の決定は開腹所見での判断によることとなった.結果は非浸潤性膵管内乳頭腺癌で,治癒切除であった.本症候群は癌の合併頻度が高く,常に十分なスクリーニングと適切な治療が予後改善には大切である.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(2), 179-183, 2002-02-01

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  9

Codes

Page Top