医療従事者の鼻腔内MRSA保菌に関する検討 : 職制別の保菌状況とムピロシン軟膏による除菌効果  [in Japanese] Study on Nasal Carriage of Methicillin-resistant Staphylococcus aureus from Medical Personnels : Prevalence of Nasal Carrier by Each Job and Effectiveness of Elimination by Mupirocin Nasal Ointment  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

医療従事者はそれぞれの立場で病院感染対策に積極的に参加し, それを怠ることはできない.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) は, 易感染患者 (compromised host) において感染を生じる危険性が高い.MRSA感染制御には手洗いあるいは手指消毒, 環境の汚染対策などの基本的な対策に並行して, 患者および医療従事者の保菌者対策が重要とされている.そこで全職員を対象に講習会を開き, さらに対策を充実させるため, また保菌率の把握のために鼻腔内MRSA検査を実施した.全体の保菌率は1回目23.7% (52/219名), 2回目13.5% (28/209名) であった.職制別では看護スタッフの保菌率がもっとも高く1回目37.6% (41/109名), 2回目26.8% (26/97名) であった.また, スタッフに対しムピロシン軟膏による鼻腔除菌を2回実施し, 1回目は10<SUP>2</SUP>CFU/plate以上, 2回目は30CFU/plate以上MRSAが検出された者を対象とした.追跡調査をした結果, 1回目および2回目の使用ともに約100%の除菌率を示し, 除菌効果は約1ヵ月間持続することを確認した.

Journal

  • Environmental Infections

    Environmental Infections 13(4), 238-244, 1998-11-30

    Japanese Society of Environmental Infections

References:  12

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008424231
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1019475X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09183337
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top