水中物体のビデオ映像によるコントラストの推定  [in Japanese] Estimation of In-Water Image Contrast Using Televised Image from Video Tape  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

物体のコントラストは輝度を測定して求めるが、小さい水中物体を対象にする場合、測定には種々の困難を伴う。前報では、物体の反射輝度から求めたコントラストと同じ物体を写真撮影した画像の階調から求めたコントラストの関係式から、水中物体のコントラストを簡単に推定する方法について報告した。この写真を用いる方法では、撮影からプリントになるまでに時間を要し、パーソナルコンピュータに取り込むためには写真をスキャナーに掛ける必要がある。一方、ビデオ撮影ではビデオテープからすぐにパーソナルコンピュータで映像を見ることが出来る。しかし、ビデオ映像の濃淡の度合から直接コントラストを求めることはできない。そこで、本研究ではパーソナルコンピュータに直接取り込んだ、ビデオ映像の階調からコントラストを算出し、物体の反射輝度から算出したコントラストとの関係について検討した。そして、コントラストをビデオ映像の階調の関数として表示を試みた。さらに、その結果を用いて、大型水槽中に設置した網地のように小さい水中物体のコントラストを推定し、検討した。この手法を用いることによって、小さい水中物体の視認距離を推定することができると考える。

In the previous report, a method of estimating in-water image contrast using its black-and-white photograpf was revealed.The present study proposes a new method of estimation by using televised image from video tape. The televised image of a test board was captured by video-capture program and saved as file into memory unit of a computer.Using the Image 1.45 software, gray value of televised image was measured to estimate its contrast value Ci. From the relationship between contrast Ci and Cg. calculated from target and background gray values, a high correlation (r:0.95) was found. A relative equation between the Ci and the Cg was presented by the following equation : Ci=0.134 ln Cg+0.933. Using this formula, the application of the technique for small targets such as net set in a large sized water tank are discussed.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 32(2), 89-94, 1995-11-30

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008438616
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE  JASI 
Page Top