模型実験と現地実験による人工魚礁の埋没に関する研究 Comparative Study on the Sinking of Artificial Reefs by Local Scour between Laboratory and Field Experiments

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

浅海の砂底に設置した人工魚礁の埋没現象には底質の局所洗堀が深く関わっていると考えられる。模型実験により得られる結果が実際の海に設置した魚礁周辺で生じる洗掘現象に適用できるかどうかを確認するために,タイ国東部海岸のペイ湾に実験と同じ形状の魚礁を設置して比較検討した。用いた魚礁はこの地方で一般に用いられる3タイプと,新たに考案した四面体形状のものである。模型と実物との縮尺は20分の1とした。両者の結果を比較すると,洗堀の発達の過程はよく似ており,模型で生じる洗掘穴の深さと実物の埋没深さの魚礁形状による変化傾向も同じであった。実際の海における魚礁の埋没現象には向きと速さが日変動・季節変動する流れが深く関わっていると考えられた。

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 32(2), 95-103, 1995-11-30

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  10

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008438623
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE  JASI 
Page Top