Lateral Spreading Tumor 21例の検討 21 Cases of Cororectal Lateral Spreading Tumor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸の側方進展型腫瘍(Lateral spreading tumor:以下LST)は,大腸腫瘍の中で比較的特異な性格を持っため,その治療方針について判断に苦慮することがある、今回われわれは治療方針決定に役立てる目的で,LST21例22病変について検討したので報告する.対象は1992年6月から1995年7月までに経験した男性7例,女性14例の計21例22病変で,年齢,性別,発生部位などの臨床的項目の分析とともに,肉眼形態や大きさと病理組織診断との関連について検討した.形態分類では工藤らの顆粒型,非顆粒型をそれぞれ結節型,非結節型扁平隆起とし,さらに結節型は大田らの分類に従い結節均等型,結節不均等型,粗大結節型に分けた.結論として(1)結節型では諸家の報告と同様に結節が不均等になり,粗大結節が出現するにつれて悪性度が増してゆくと考えられた.(2)非結節型扁平隆起がとくに悪性度の高い病変であるということは考えにくかったが,悪性であれば結節型より早期に深達度を増してゆく可能性があると考えられた.(3)結節型で30mmを超える病変,または非結節型扁平隆起で10mmを超える病変であるときは粗大結節や陥凹の存在に注意し,視野の確保が不充分となる部位や分割切除となる可能性が高い場合は,内視鏡治療よりむしろ腹腔鏡などの方法含めた外科的切除を行ったほうが安全ではないかと考えられた.

The 21 cases (22 lesions) of colorectal lateral spreading tumors (LST) were studied. These lesions were called carpet-like tumor, creeping tumor, nodule-aggregating tumor and non-nodule-aggregating flat elevation. In this paper, clinicopathlogical features of those tumors were described. The conclusions were as follows : (a) Nodule-aggregating type LST may show malignant change with increasing size and height of the nodule. (b) There was no difference in malignant potential between nodule-aggregating type LST and non-nodule-aggregating type LST. (c) End-oscopic resection may be indicated in less than 30mm nodule-aggregating type and less than 10mm non nodule-aggregating type.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 50(2), 80-86, 1997-02-01

    日本大腸肛門病学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

ページトップへ