ナイロンテグスの吸水及び放水特性  [in Japanese] Water Absorption and Desorption of Nylon Monofilament  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、マグロ延縄漁業では、釣元部から枝縄、幹縄部に至るまでの部分を従来のマルチフィラメント製漁具に代えて、ナイロン製のモノフィラメントテグスへの転換が進んでいる。ナイロンテグスは従来のワイヤやマルチフィラメント縄に比べ透明性が良く、海中でマグロに視認されにくいため、釣獲性に優れ、また釣獲魚の鮮度が良いなどの点から普及してきている。一方で、ナイロンテグスは使用中に擦れによる傷を受けやすく強度低下が起こりやすいことや、海中での吸水による軟化などの欠点も指摘されている。ナイロンテグスの力学的な耐久性についてはすでに著者らが検討を行っており、伸張及び曲げ応力とテグスの疲労寿命との関係を明らかにしている。吸水に関しては、これまで網糸についていくつか研究がなされているが、そのほとんどは天然繊維や合成繊維からなるマルチフィラメント糸についてのものである。マルチフィラメント網糸の吸水は主として繊維間隙への水の吸収によって起こり、一本もののモノフィラメントテグスの吸水とは機構的には大きく異なる。特にマグロ延縄漁業に使用されるような太いモノフィラメントテグスの吸水については全く検討されていない。本研究は、実際のマグロ延縄の操業の過程で起こる漁具資材(ナイロンモノフィラメントテグス)の吸水特性を明らかにすることを目的として行われた。さらに、本研究では、吸水したテグスの放水(乾燥)特性についても検討を行った。

Water absorbing and desorbing properties of nylon monofilaments used for tuna long line fishing wereinvestigated. Water absorbing experiments were conducted in distilled water at constant water temperatures,10 ℃, 20 ℃ and 30 ℃. And, Water desorbing experiments were conducted at constant relative humidities, 20%, 60% and 85% at an air temperature 20 ℃.For water absorbing process, the amount of absorbed water (Qs (mg/cm2)) was represented as the functionof time (t) elapsed, ln (Qs)=ln a十b ln(t), Where, a and b are constants.The amount of absorbed water (Qs) and the rate of absorption (Ra (mg/cm2. h)) depended largely on theWater temperature.For desorbing process, the following equation between the amount of water desorption (Qr (mg/cm2)) andtime (t) was obtained ; Qr=a'+ b' ln (t), Where, a'and b'are constants.The rate of water desorption (Rr (mg/cm2.h)) was largely affected by relative humidity. The time (td) requiredfor drying the nylon monofilaments can be estimated from the desorption equation, (6) when Qr= 0. Thedrying time (td(day)) estimated ranged 0.6-1.6 at relative humidity 20%, 2.9-9.1 at relative humidity 60% and∞ at relative humidity 85%, respectively.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 32(3), 175-180, 1996-03-29

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008439076
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09167617
  • Data Source
    CJP  J-STAGE  JASI 
Page Top