小型漁船の船底清掃による燃料消費量とNOx排出量の低減効果  [in Japanese] Effects of Under-water Structure Cleaning in Respect of Decrease in Fuel Oil Consumption and NOx Emission of Small Fishing Boat  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ディーゼル機関から排出される大気汚染物質の中で、黒煙およびNOx濃度は他の熱機関に比べ高い。自動車用ディーゼル機関では、早くからこのような物質の排出規制が行われている。船舶においては、1990年に開催されたIMOの海洋環境保護委員会で、NOxの削減目標および目標年が提案され、各国・各地域において具体的な規制案が検討されている。船舶から排出されるNOxの低減方法に関する調査・研究は中・大型の船体や機関を用いた例が多く、小型漁船を供試した例は少ない。中・大型漁船においては、燃料消費量は通常機関回転数の3乗に比例して増加する(船舶特性)のに対し、高速航走する小型漁船は、船速の増加とともに半滑走・滑走状態となる。このため、ある船速以上になると船速の増加に対する燃料消費量の増加割合が小さくなる。著者らは前報で、265kW/2200rpmの舶用4サイクルディーゼル機関を搭載した12GT型小型漁船の供試結果より、NOx排出量[kg/h]は燃料消費量と相関があることを示した。さらに、低速域においては船速のほぼ2乗に正比例し、半滑走・滑走状態になるような高速域においてはほとんど増加しないことなどを明らかにした。しかし、水線下の船体が汚損されると船体抵抗が増加して、同一船速における燃料消費量は増加し、これに伴ってNOx排出量も増加するとともに、一般に最大船速が低下する。この結果、半滑走・滑走状態となる船速が得られにくく、その特長が発揮できなくなる。水線下の船体汚損による航走時の性能や船底防汚塗料の効果についての報告は、いずれも漁船としては中・大型に属するものであり、漁船の80%以上を占める20トン未満の小型漁船を供試した例は見当たらない。

A series of field tests was conducted by using a 12GT fishing boat with a 4 cycle marine diesel engine of265kW/2,200rpm, for the purpose of finding out the cleaning effects in respect of fuel consumption and NOxAs the results, it was revealed that (1) fuel consumption [kg/h] as well as NOx emission [kg/h] was reducedremarkably by cleaning propeller, rudder and bottom of hu11, especially the first one, which occupied as much asabout 30 to 40% of the cleaning effect and (2) that the foul of boat before cleaning prevented her from sailingmore than l0 knots, i.e, she could not sail in the range of speed of low NOx emission.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 32(3), 181-187, 1996-03-29

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  17

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008439083
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE  JASI 
Page Top