理論の<科学的>構築 : 40年後の水俣病原因究明の場合 <Scientific> Construction of a Theory : The Case of the Identification of Causes of Minamata Disease after Research of 20 Years' Duration

この論文をさがす

収録刊行物

  • 化学史研究

    化学史研究 29(2), 100-107, 2002-05-31

    化学史学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008441134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037289
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03869512
  • NDL 記事登録ID
    6303226
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-702
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ