インスリン抵抗性  [in Japanese] Mechanism of Insulin Resistance  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

インスリン抵抗性の成因は遺伝素因, 肥満などの生活習慣, 高血糖それ自体に大別される. 肥満に伴うインスリン抵抗性は肥大した脂肪細胞から分泌されるTNF-αや遊離脂肪酸 (FFA) が関与している. インスリン抵抗性の分子レベルでの共通の特徴は, (1)インスリン受容体チロシンキナーゼ・P13キナーゼ活性の低下, (2)GLUT4トランスロケーションと糖取り込み低下, (3)グリコーゲン合成酵素活性低下である. インスリン抵抗性は, 膵β細胞のインスリン分泌能や増殖能に障害のある場合には, 2型糖尿病の強力な発症要因となる. 最近, 糖代謝に関するインスリン作用に加えて, 血管や腎でのインスリン作用が解明されつつある. IRS-1欠損マウスはインスリン抵抗性のモデル動物である, シンドロームXの諸徴候を呈する. 今後, インスリン抵抗性の分子機構の解明により, 2型糖尿病やシンドロームXをはじめとするインスリン抵抗性症候群のより良い治療・予防を目指すことが重要である.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 36(6), 389-395, 1999-06-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  22

Cited by:  2

  • The Influence of the Occlusal Condition on Insulin Secretion  [in Japanese]

    HASHIMOTO K , YOSHIDA M , TAKEICHI T , TAKADA K , MATSUDA H , KURISAKI Y , TANAKA H , HASHIMOTO M , NAGASHIMA M , ITO Y

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 44(104), 113, 2000-11-10

    Ichushi Web  References (2)

  • The Influence of the Chewing on Insulin Secretion  [in Japanese]

    YOSHIDA M , HASHIMOTO K , TAKEICHI T , HODUMI E , YAMAMOTO M , KATO D , TAKADA K , MATSUDA H , KURISAKI Y , NAGASHIMA M , ITO Y , TANAKA H , HASHIMOTO M

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 45(106), 204, 2001-10-26

    Ichushi Web  References (2)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008484873
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    4853284
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top