細胞内信号伝達のメカニズム  [in Japanese] The Mechanism of Intracellular Signaling  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

細胞内情報伝達の解明が進みさまざまな分野において重要になってきた. また信号伝達は単独でなく, 信号伝達系が互いに干渉しあいネットワークを築いていることも判ってきた. 複雑な系をたどるため今回は膜受容体のタイプによる分類にあわせ細胞内信号伝達について述べた. 膜7回貫通型では三量体G蛋白質についてその活性化機構, 膜4回型ではイオンチャネル, また膜1回貫通型ではリン酸化が引き金となる機構, リン酸化部位あるいはその他特有な配列を認識し信号伝達ばかりでなく増幅を行うアダプター蛋白質等また局在化など信号の特異性, 細胞核への信号伝達の課程などについて述べ順に解説した.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 36(11), 776-782, 1999-11-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  71

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008485917
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    4954653
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top