細胞内カルシウム・シグナルの制御機構  [in Japanese] Regulatory Mechanisms of Calcium Signals  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

細胞内カルシウム・シグナルは, 脳機能, 循環, 内分泌・外分泌, 代謝, 免疫, 受精・発生など重要な生体機能に関与するとともに, これに関連した病態も知られている. カルシウム濃度は細胞内で一様に上昇することもあれば, カルシウム・ウエーブ/オシレーションといった複雑な時間的・空間的パターンをとる. このようなカルシウム・シグナル・パターンの複雑さが, 機能の多様性を生み出しているものと考えられ, これを実現する分子機構が明らかにされつつある.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(3), 182-187, 2000-03-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008486917
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5356942
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top