高齢者多機能障害と冠動脈インターベンション : 老年医学的総合評価 (CGA) をふまえて  [in Japanese] Invasive Procedures in Frail Older Patients with Coronary Heart Disease  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年の冠動脈インターベンションの技術革新により, 虚血性心疾患を持つ高齢者の短期, 長期予後の著しい改善が報告されている. インターベンション成績の改善は高齢者の冠動脈死が回避されるのみならず, 患者のQOLの向上にもつながり, 今後益々進むと思われる我が国の高齢社会に大きく寄与するものと思われる. 高齢者医療にとって大きな問題の一つに, 多機能障害を持つ高齢者の管理をどうするか, と言うことがある. 実際このような多機能障害をかかえ, 虚血性心疾患を合併しているケースをどのように扱うかが, 老人医療に従事しているものとしては判断に迷うところである. 今回, 循環器専門医が高齢者インターベンション治療の適応をどのように考えているかを知るため, 循環器専門医・関連施設に質問票を郵送した.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(4), 292-297, 2000-04-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  13

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008487287
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5413348
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top