プレセニリン異常によるアルツハイマー病発症機序の解明  [in Japanese] Study of Pathogenesis of Alzheimer's Disease by Transgenic Mice  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

家族性アルツハイマー病の原因遺伝子であるアミロイドβ蛋白前駆体 (βAPP) およびプレセニリン1 (PS-1) 遺伝子変異を組み込んだトランスジェニックマウス (Tg) を用いて脳アミロイド沈着機序の検討を行った. 変異βAPP (K670N, M671L) を発現するTg2576では, Aβ40およびAβ42が脳アミロイドとして沈着し, アルツハイマー病 (AD) 患者脳の老人斑と酷似した光顕および電顕像を呈した. 脳を2% SDSと70%ギ酸の二段階で抽出し Sandwich ELISAによるAβ測定を行うと, 8月齢以前ではAβはSDS分画のみに認められ, 8月齢ではSDS可溶性Aβが一時的に減少すると共にギ酸可溶性Aβが出現した. この時期に組織学的にも脳アミロイド沈着が出現した. それ以降ではギ酸分画中にAβが急増した. このAβのSDS不溶性分画への移行がアミロイド沈着の重要な step と考えられた. 一方, 血漿中のAβはTg2576では非トランスジェニックマウスの約100倍に増加していたが, 脳Aβ沈着の出現以降は経時的に減少した. 以上の検討よりβAPPの過剰発現はAD脳と同様の脳アミロイド沈着を生じることが示され, Tg2576はアミロイド沈着機序を解明するモデルになりうると考えられた. 新たに作成した変異PS-1 (M146L, C410Y) を発現するTgでは, 脳に24kDのN末断片と16kDのC末断片が増加し, 脳および血漿中にAβの増加が認められた. これより変異PS-1が <i>in vivo</i> でAβの増加を起こして, ADを発症させる可能性が明らかにされた.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(6), 454-457, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008487667
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5439678
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top