高齢者の新しい総合的機能評価方法の開発とその応用  [in Japanese] Three Category of Geriatric Syndorome ; A New Tool to Consider Age Norm  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高齢者の機能評価分類によるケアが生命予後や機能予後を改善するという報告においても, 痴呆や重症者の除外がされている. 本研究の目的は, 複数疾患を併せ持つ後期高齢者全体を評価する手法の開発である. 東大病院, 老人保健施設, 療養型病床群, 在宅看護症例を対象に老年症候群という自他覚症候の加齢変化を調査した. 老年症候群は, 加齢変化のないもの, 65歳以上から漸増するもの, 後期高齢者に著増するものの3群に分かれた. この分類を Geriatric Scale と名付け, Age Norm を再考した. 在宅, 施設介護では後期高齢者に著増する, うつ, 尿失禁, 低栄養, 椎体骨折など一群の症候群が多く, 自宅復帰の阻害要因であった.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(6), 469-471, 2000-06-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  8

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008487716
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5439728
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top