高齢者の在宅医療  [in Japanese] Geriatric Home Health Care  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高齢者に対する在宅医療の必要性は増加している. 介護保険法施行に伴って増加した在宅介護への社会全般の関心も高い.<br>一方, 医学研究分野では症例報告は多いが, 老年医学のアプローチおよび実証的研究はまだ数少ない. 選択肢としての在宅医療の実態, 高齢者に対する在宅医療の必要性, 在宅医療における老年症候群, 退院計画, チーム医療, 医療の質の評価, 介護者の負担, 訪問アセスメント, 終末期ケアの倫理, 医学教育, 情報通信機器を利用した遠隔医療, 介護保険法上の在宅サービスとの関連について, 最近の研究を紹介する.<br>今後の研究課題として, 介護保険法の医師意見書と在宅でのアセスメント法, 訪問医療による老年症候群の予防効果と転帰, 在宅療養の質の改善, 介護者のサポート, 病院の退院計画と地域医療資源の組織化, 入院短縮政策およびクリティカルパスとの関連研究, 遠隔医療機器の開発研究, 在宅医療を医学教育にどのようにとりいれるか, がある.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(7), 501-506, 2000-07-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  67

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008487809
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5515485
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top