環境アセスメントと住民合意形成 Environmental Impact Assessment and Consensus Building

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国の環境アセスメントは計画の合意形成とは切り離されていたが, 1997年の環境影響評価法の制定により, アセス結果が事業計画の意思決定に反映されるようになった。アセス結果には住民意見が反映されるから事業計画にも住民意見が影響を与えることになる。しかし, アセスは合意形成の支援はできても合意形成そのものを達成することは難しい。アセスにより主体間で情報の共有は図られるが, 合意形成のために必要な関係主体間の継続的な「議論」の場は, アセスとは別の場として設定されるべきである。この場には, 多様なステークホルダーが参加して対等な立場で透明なプロセスで議論を行うことが必要である。わが国でもアセスが次第に定着し情報共有が進むとともに, そのような場が作られてきた。たとえば, 最新の事例として廃棄物処理施設計画の合意形成のために設けられた長野県・中信地区の検討委員会の例がある。本稿では, この場における合意形成プロセスについて紹介する。

In Japan, Environmental Impact Assessment (EIA) has been disassociated with consensus building in project planning. This situation has changed with the establishment of the EIA Act of 1997 which requires the results of an EIA report to be reflected in the decision making process of any project plan. Since public opinion is now reflected in the EIA report, it also influences the project plan itself. However, even though consensus building has become part of the EIA process, it is still hard to actually reach a consensus. Consensus building itself cannot be done through the EIA process alone, but must be attained through consecutive discussions between all the stakeholders. This should be done apart from the EIA process. Here all the various stakeholders must participate in free discussion and argument in a process that is fully transparent. Now that Japan has made progress in areas of EIA and free access to information, this type of environment has also emerged in this country as well. For example, there is the recent example of a case where citizens were able to participate in the planning committee for a waste treatment facility in Nagano Prefecture. This paper introduces the consensus building process using this particular example.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌

    廃棄物学会誌 13(3), 151-160, 2002-05-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008493377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    6191411
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ