胃軸捻転を合併したtype III食道裂孔ヘルニア嵌頓に対して待機的に腹腔鏡下Nissen噴門形成術を施行した1例 A CASE OF MASSIVE INCARCERATED PARAESOPHAGEAL HERNIA (TYPE III) WITH CASTRIC VOLVULUS SUCCESSFULLY REPAIRED BY LAPAROSCOPIC NISSEN FUNDOPLICATION

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 61(2), 362-367, 2000-02-25

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008501797
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ