網膜症の細血管レベルでの異常 糖尿病網膜症と血管内皮増殖因子(VEGF)  [in Japanese] Role of Vascular Endothelial Growth Factor in Microvascular Abnormalities in Diabetic Retinopathy  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

VEGFは増殖型網膜症における虚血性血管新生を誘導するばかりでなく, 血管透過性, 血栓亢進, 血管拡張などの作用により初期変化にも重要な役割を持っている. このような変化が網膜血管に起こりやすい原因として網膜血管内皮細胞・周皮細胞に大動脈内皮・平滑筋細胞と異なるVEGFR発現特異性がみられる. 網膜血管のVEGF機構に関係する血管調節因子としてアンジオテンシン (AII), アンジオポイエチン (Ang/Tie2) について検討した. AIIは, 網膜血管内皮細胞におけるVEGF受容体発現, 周皮細胞におけるVEGF分泌を誘導し血管新生を促進した. AIIはVEGF作用を増強することにより網膜症の発症・進展に関わることが示唆される. 低酸素やVEGF刺激により網膜血管内皮細胞はAng2の発現を選択的に増加し, マウス虚血網膜モデルにおいても血管新生部位にAng2の増加が観察された. 網膜症においてVEGFとAng2が協調性に血管増殖を制御している可能性が示唆される.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(8), 603-606, 2000-08-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008505563
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5505072
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top