要介護者を減らすために : 予防老年医学のすすめ  [in Japanese] Preventive Geriatric Standpoint of View for Reducing the Ederly People with Disabilities  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高齢者に対する予防医学的視点は, 従来の疾病予防から, 生活機能の維持向上へと推移した. 高齢者の生活機能を維持向上させる方法として, 包括的機能評価 (CGA) にもとづく老年医学的地域介入が有用であり, 種々の保健・福祉サービスの活用が必須である. しかし, 高齢者の身体的生活機能障害のみならず, 今後さらに重大な課題となるのは, 高齢者の認知機能障害と痴呆であり, 老年医学の究極の目標は, 高齢者の寿命の延長からADLの維持へ, さらにはより高次のQOLの向上へと向かいつつある.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 38(1), 82-84, 2001-01-25

    The Japan Geriatrics Society

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008506251
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5648627
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top