アルツハイマー病研究の進歩 : 生物学的診断マーカー  [in Japanese] Research Progress of Alzheimer's Disease : Biological Marker  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

痴呆患者の急速な増加に対して, 医療や介護などの社会制度の整備がもとめられている. このためには痴呆が出現する前にアルツハイマー病を診断し, 症状の進行や薬物療法の効果を客観的に評価できる生物学的マーカーが必要であり, 本稿ではアルツハイマー病の生物学的マーカー研究の現状を批判的にまとめ, 現在, 臨床応用されつつある脳脊髄液 tau とAβ測定の意義について述べた.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 38(3), 291-292, 2001-05-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  5

Codes

Page Top