酸化LDLと動脈硬化  [in Japanese] Oxidized Low Density Lipoprotein and Atherogenesis  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

血中LDLの増加が, 粥状動脈硬化の極めて強力な危険因子であることはよく認知されるに至ったが, その分子機構については未だ不明な点も多い. この15年間ほどの研究により血管壁内にうっ滞したLDLが酸化変性を受けることがその成因であることを示唆する研究成果が報告されてきた. 酸化LDLは特にマクロファージにおいて細胞内でのコレステロールの蓄積を引き起こすのみならず, 催炎症性の変化をもたらすなどで, 動脈硬化の進展, プラークの破綻を惹起していると考えられる. 酸化LDLに対する受容体はすでに複数の分子が同定され, その性質などが明らかにされてきている. 抗酸化剤のヒト動脈硬化に対する治療効果などはさらに検討すべき点も多い.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 38(4), 447-451, 2001-07-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  49

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008507208
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5854189
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top