脳アミロイドアンギオパチーの発症要因に関する研究  [in Japanese] Study on Risk Factors of Cerebral Amyloid Angiopathy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

脳アミロイドアンギオパチー (CAA) の発症要因を解明することを目的に, アルツハイマー病 (AD) やアミロイドβ蛋白沈着との関連が報告されているアポリポ蛋白E (<i>APOE</i>), プレセニリン-1 (<i>PS-1</i>), α1-アンチキモトリプシン (<i>ACT</i>), ブチリルコリンエステラーゼ (<i>BChE</i>), α2-マクログロブリン遺伝子 (<i>A2M</i>) 多型とCAAとの関連を分子遺伝学的に検討した. ADの危険因子である. <i>APOE</i>ε4アリルがCAAのリスクでもあることが米国で報告されているが, 日本人高齢者においてはε4とCAAとの直接的な関連は明らかではなかった. 一方, <i>PS-1</i>遺伝子多型とCAAの間には有意な関連があり, <i>PS-1</i> 2/2多型がCAAが低リスクであることと関連していた. また, <i>ACT</i>遺伝子多型が, ADにおけるCAAの程度と有意に関連していた. <i>BChE</i>および<i>A2M</i>遺伝子多型はCAAと関連しなかった. 本研究により, CAAが<i>PS-1</i>および<i>ACT</i>遺伝子多型と関連することが示唆された.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 38(4), 487-488, 2001-07-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  13

Codes

Page Top