高齢者誤嚥の治療  [in Japanese] Treatment of Dysphagia in Elderly Patients  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高齢者では嚥下機能の予備能が低下するため, 感染症・手術などによる全身状態の悪化・絶食により嚥下障害が顕在化することがある. また, 嚥下障害をきたす原因となる疾患を合併することも多い. 脳梗塞に伴う嚥下障害は急性期を過ぎれば機能訓練・手術療法の適応となる. 経過中, 嚥下機能は徐々に改善するため, 肺炎等の呼吸器感染症を予防し, 良好な栄養状態で機能訓練を続ける. また, 延髄病変の有無で嚥下動態が異なるため, 球麻痺と偽性球麻痺に分類して嚥下障害の病態を理解する. 高齢者の嚥下障害は, その原因と嚥下動態を正確に把握し, それに適応した機能訓練を施行し, 誤嚥を予防することが重要である.

Journal

  • Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 38(5), 611-613, 2001-09-25

    The Japan Geriatrics Society

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008507671
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00199010
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL Article ID
    5922772
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-25
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top