隣接臓器合併切除再建を要した浸潤型縦隔腫瘍手術例の検討  [in Japanese] MEDIASTINAL TUMORS WITH INVASION TO THE ADJACENT ORGANS THAT NEEDED RESECTION AND RECONSTRUCTION USING ARTIFICIAL MATERIALS  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

雑誌掲載版対象は浸潤性胸腺腫5例,胚細胞腫3例,悪性リンパ腫,MFHが各1例であった.合併切除再建部位により,各種の人工材料を使用した.上大静脈再建例(n=3)には,遮断時の脳圧亢進予防の為に腫瘍切除前,腕頭静脈と右心耳間にリング付きePTFEグラフトを使用したバイパスを作成,腫瘍切除後も静脈路として使用した.3例とも生存中で,グラフトの開存も確認されている.心嚢再建例(n=4)にはTeflon sheet, Dexoxn mesh, Marlex meshのメッシュ製材を各種使用したが,いずれも術後の合併症はなく,差を認めなかった.胸壁,横隔膜再建例(n=3)にはMarlex meshを使用し,合併症はなかった

Journal

  • 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society

    日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 58(7), 1456-1461, 1997-07-25

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008528412
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00198696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03869776
  • Data Source
    CJP  IR 
Page Top