N-isopropyl-p-[^<123>I]iodoamphetamineとSPECTを用いたARG法による局所脳血流定量法の検討 : テーブル・ルック・アップ(TLU)法との比較および静脈採血法の問題点 A Study of rCBF Measurement with Autoradiography (ARG) Method Using N-Isopropyl-p-[^<123>I]Iodoamphetamine (IMP) and SPECT : Comparison of rCBF Values between Look-up Table (TLU) and ARG Methods,and Evaluation of Venous Blood Sampling as a Substitute for Arterial Blood Sampling

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 核医学

    核医学 32(4), 405-412, 1995-04-20

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008533164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00038394
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00227854
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ