4カ国の耐震設計基準に基づいて設計された柱の動的特性  [in Japanese] THE DYNAMIC CHARACTERISTICS OF BRIDGE PIERS DESIGNED BY FOUR MAJOR SEISMIC DESIGN CODES  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鉄筋コンクリート構造物の設計手法の国際比較を目的として, 日本, アメリカ合衆国, ヨーロッパ, ニュージーランドの耐震設計基準を用いて8本の柱の試設計を行い, 数値解析によりそれらの動的特性を評価した. 共通の入力地震波のもとで, 日本およびニュージーランドの基準で設計された柱には比較的大きな変形が発生することから, これらの基準は構造物の変形によるエネルギー吸収能に期待する設計が行われ, アメリカおよびヨーロッパの基準で設計された柱に発生する変形は小さいことから, これらの基準では日本やニュージーランドの基準と比べ, 構造物の耐荷力に期待する設計が行われるという傾向が明らかとなった.

In order to clarify the feature of seismic design codes, nonlinear dynamic analysis of RC piers that have been designed by the seismic design codes of Japan, United States, Europe, and New Zealand, is carried out. In this study, Lattice Equivalent Continuum Model (LECM) is used as an analytical method. As a result of comparing the analytical results, the feature of the seismic design codes of each country is clarified. And LECM is possible to apply for solving the dynamic problem.

Journal

  • Doboku Gakkai Ronbunshu

    Doboku Gakkai Ronbunshu 704, 101-116, 2002-05-20

    Japan Society of Civil Engineers

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008534672
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10014020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL Article ID
    6177903
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z16-6
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top