動的格子モデル解析による鉄筋コンクリート橋脚の耐震性能の評価 NUMERICAL EVALUATION FOR SEISMIC PERFORMANCE OF REINFORCED CONCRETE BRIDGE PIERS USING DYNAMIC LATTICE MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地震時の鉄筋コンクリート (RC) 橋脚の耐震性能を把握するために, RC部材のせん断耐荷機構を適切, かつ簡便に評価することのできる格子モデルを用いた非線形動的解析プログラムを開発した. まず, 静的格子モデル解析の結果とRC橋脚を対象とした静的正負交番載荷実験の結果を比較することで, 繰り返し水平力を受けるRC橋脚の変形挙動の予測が可能であることを示した. さらに, RC橋脚を対象とした振動台加振実験に対して動的格子モデル解析を行った. 実験結果と解析結果を比較した結果, 本手法によりRC橋脚の動的変形特性を妥当な精度で評価できることを確認した. 最後に, せん断補強鉄筋比を変えたRC橋脚を対象として非線形動的解析を行った. その結果, RC橋脚の履歴吸収エネルギーに着目することで, せん断補強鉄筋比がRC橋脚の動的特性に与える影響を定量的に把握することができた.

In order to clarify the seismic performance of reinforced concrete (RC) bridge piers under seismic loading, the computing program using the lattice model, which is an analytical model for determining the change in the shear resisting mechanism, has been developed. By the comparison between the experimental and analytical results, it has been confirmed that the static lattice model analysis can predict the load-carrying capacity and the ductility of RC bridge piers subjected to cyclic loadings. In addition, by the comparison between the results obtained by the shaking table tests and the dynamic lattice model analysis, it is found that the dynamic behavior of RC bridge piers subjected to ground motion can be appropriately evaluated. Finally, it has been proved that the influence of the transverse reinforcement on the seismic performance can be properly estimated in terms of the energy absorption of RC bridge piers.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 704, 151-161, 2002-05-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008534742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6177999
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ