地球環境の発展に対する嫌気性消化の重要性 THE IMPORTANCE OF ANAEROBIC DIGESTION FOR GLOBAL ENVIRONMENTAL DEVELOPMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

嫌気性消化槽の一般的性能とそれらが処理可能な廃棄物の多様性は, 過去10年間, 新しい反応槽の設計, 操作条件あるいは特殊な微生物群の使用の結果として, 確実に向上してきている, 本論文は, 嫌気性消化の展望と可能性の実例について示すものである. 嫌気性アンモニア酸化およびリン化水素を生成するリン酸発酵のような新しい栄養塩除去気性消化に付加される必要がある. メタン発酵に先立って有機酸や水素を回収するアプローチが関心を呼び起こしつつある. 有機性固形廃棄物の嫌気性消化は, エネルギー回収と京都議定書の二酸化炭素の削減の考え方を統合する方向に発展せるべきである.

The general performance of anaerobic digestiers and the diversity of wastes which they can treat have been increasing steadily as a result of new reactor design, operating conditions, or the use of specialised microbial consortia, during the last decade. This paper illustrates examples of prospects and challenges of anaerobic digestion. Anaerobic ammonium oxidation and phosphate fermentation to phosphine are new nutrient removal methods to be coupled to anaerobic digestion. Approaches to recover organic acids and biohydrogen prior to methane fermentation are attracting interest. Solid waste digestion should evolve towards integration of the concepts of energy recovery and Kyoto-agreed CO<sub>2</sub> reduction.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 706, 97-102, 2002-05-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008535364
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6178067
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ