ファモチジン投与によりパーキンソン症状の出現した本態性振戦の1例  [in Japanese] Famotidine induced parkinsonism in a case of essential tremor  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

症例は70歳,女性. 20歳頃より両手指の姿勢時振戦を認め,悪化傾向なく経過していた. 65歳より近医でパーキンソン病としてL-DOPAを投与されていたが,振戦以外の症状は認められず, 1999年にL-DOPA中止後も症状の増悪は認められなかったため,本態性振戦と診断された. 2000年2月よりファモチジンの内服を開始したところ, 3月頃よりパーキンソン症状が出現した.ファモチジンが薬剤性パーキンソニズムの原因になり得るかどうか,今後の臨床的観察が必要と考え,症例を報告した.

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 91(1), 456-458, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008546677
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    025074090
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top