低ナトリウム血症を契機に診断されたFSH産生下垂体腫瘍の1例 Follicle-stimulating hormone producing pituitary adenoma with hyponatremia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

73歳,女性.主訴は全身倦怠感.血清Na119mEq/<i>l</i>にて入院. ACTH,コルチゾールとも低値,日内変動も消失. LH低値, FSH673mIU/mlと著明高値.四者負荷試験ではLHは低反応, FSHは高値低反応, ACTHとTSHは視床下部性機能不全のパターン.頭部MRIで下垂体部に鞍上部へ進展する腫瘍を認めた.本例の如く著明なFSH高値を示すgonadotroph adenomaの報告は少なく貴重と思われる.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 91(1), 480-482, 2002-01-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008546752
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025074255
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ