高血圧治療(JSH2000)  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

高血圧は最も頻度の高い疾患で,その血管合併症は生命や機能を著しく損なう.高血圧の適切な治療は心血管病の発症を予防し,その益するところは大きい.しかし,高血圧の適正な管理治療は,高血圧者の約20%にすぎないと云われている.これまで日本人独自の高血圧治療ガイドラインはなく,心血管病の病型や頻度が異なり,生活習慣の異なる欧米人のガイドラインが利用されてきた.そこで日本高血圧学会(JSH)はエビデンスに基づいて,わが国の高血圧治療ガイドラインを2000年に完成した.本ガイドライン(JSH2000)は,現時点での標準的な高血圧治療を目指したものである.

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 91(3), 962-972, 2002-03-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  14

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008547248
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    025074355
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top