潰瘍性大腸炎  [in Japanese] Alternative therapeutic strategies for intractable ulcerative colitis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

潰瘍性大腸炎(UC)の内科的治療における深刻な難点は難治性(ステロイド(SH)依存性・抵抗性)UCの治療である.治療の主眼は,まず,(1)難治性UCに陥らせないことである.ポイントは発症時初期治療と患者管理にあると考えられる.またSH治療の限界を認識し非SH療法への転換を積極的に試みる必要がある.一方,難治化した患者に対しては,(2)非SH療法を駆使しSH離脱を図ることである.非SH療法では白血球除去療法やazathioprine/6-mercaptopurine,Gyclosporine,ulinastatinあるいはrebamipideやecabet sodium,5-ASAなどの局所療法を病態に応じて選択し併用療法として組み込む治療を試みる.近年,SHとほぼ同等の臨床的有用性が認められるprobiotics therapyやcyclosporine微小乳剤あるいはepidermal growth factor注腸療法など新しい治療法が登場しており,非SH療法として基本療法あるいは難治性UCの併用療法への適応が期待される.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(1), 1-14, 2002-01-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  86

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008553894
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192124
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04466586
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top