傍食道型からいわゆるUpside-down型へ移行した食道裂孔ヘルニアの1例  [in Japanese] Conversion of paraesophageal hiatal hernia to the"upside-down stomach" : A case report  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

食道裂孔ヘルニアはしばしば認められる疾患だが,胃全体が縦隔内に脱出したいわゆるUpside-down stomachは本邦ではまれであるとされている.著者らは,数年の経過で傍食道型からいわゆるupside-down型に移行した食道裂孔ヘルニア症例を経験したので報告する.患者は傍食道型食道裂孔ヘルニアとして経過観察されていた76歳女性で,胸部圧迫感,心窩部痛,貧血をきたし再来院した.上部消化管造影X線検査にていわゆるupside-down型食道裂孔ヘルニアへの移行を認め,内視鏡検査にて胃潰瘍の合併を認めた.保存的治療に抗したため,Hill法に準じた手術を施行した.胃潰瘍や貧血の再発なく術後2年以上順調に経過している.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(1), 34-39, 2002-01-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  13

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008554065
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192124
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04466586
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top