胃・大網および横行結腸を内容としたMorgagni孔ヘルニアの1例  [in Japanese] A case of Morgagni hernia prolapsed with the stomach, greater omentum and transverse colon  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

患者は84歳の女性.平成6年より横隔膜ヘルニアを指摘されていたが,症状はなく放置していた,平成10年1月より食後の嘔吐を認め,翌年12月より増悪し近医より紹介入院となった.胃・大網および横行結腸をヘルニア内容としたMorgagni孔ヘルニアと診断し保存的治療するも改善せず,開腹術にてヘルニア内容を整復した.胃および横行結腸を内容とするMorgagni孔ヘルニアの本邦報告は27例と少なく,文献的考察を加え報告した.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(1), 45-49, 2002-01-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  10

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008554092
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192124
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04466586
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top