脾内穿破した膵仮性?胞の1切除例 A case of multiple pancreatic pseudocysts penetrating into the spleen

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は59歳,男性.糖尿病経過観察中に無症候性脾嚢胞が見つかった.精査にて,膵尾部仮性嚢胞および急性膵炎にともなう血流障害により生じた脾仮性嚢胞と術前診断し,膵尾部脾合併切除術,膵仮性嚢胞開窓・ドレナージ術を施行した.自験例の脾嚢胞の発生機序は,切除標本・病理組織所貝から,膵仮性嚢胞が脾門部より直接脾内に穿破した以外に,膵炎による血流障害で生じた脾梗塞も原因ではないかと推察された.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 99(1), 50-56, 2002-01-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008554103
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ