Lamivudineが著効した非代償性B型肝硬変の1例  [in Japanese] A case of effective treatment of lamivudine for chronic hepatitis B with decompensated liver cirrhosis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は57歳女性で, B型肝硬変症にて当科にて経過観察されていた. 2000年2月, 腹水と黄疸にて入院. ALT 81IU/<i>l</i>, T-Bil 4.4mg/d<i>l</i>, ChE 49IU, HPT 31%と肝予備能は著明に低下していた. 肝炎ウイルスマーカーはHBeAg 230CI, HBeAb 0%, HBV DNA (TMA法) 5.4LGE/m<i>l</i>であった. 胸水も合併, T-Bil は4.4mg/d<i>l</i>まで上昇したため, 2000年4月3日より lamivudine 150mg/日を投与した. 胸腹水, 黄疸は消失. HBV DNA (TMA法) は検出感度以下になり, ALTも正常化した. 2001年4月の時点でYMDD変異ウイルスは認めていない.<br>肝移植以外には延命方法はないと思われる非代償性B型肝硬変の急性増悪に対し, lamivudine 投与により著明に肝機能が改善した1例を経験したので報告する.

Journal

  • Kanzo

    Kanzo 43(4), 203-206, 2002-04-25

    The Japan Society of Hepatology

References:  11

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008554807
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00047770
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04514203
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top