非痙攣性てんかん重積症状にて発症した中心側頭部に棘波をもつ小児てんかんの1例 A Case of Benign Epilepsy of Childhood with Centro-temporal Spikes Presenting Non-convulsive Status Epilepticus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

7歳男児。意識障害を主徴とする非痙攣性てんかん重積状態で発症し、初回の発作時脳波では全般性高振幅徐波が持続していた。意識障害が改善すると共にローランド棘波が出現し、その後の間欠期脳波でも入眠期にローランド棘波を認めた。現在の発作は、入眠時のみ右側の顔面、上肢の間代性痙攣が認められ、中心側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん (BECCT) と考えられる。BECCTにおいて非痙攣性てんかん発作が重積した例の報告はなく、本例の存在は、中心側頭部焦点の場合も全般化し非痙攣性てんかん重積をきたしうることを示した。

A seven-year-old boy presented non-convulsive status epilepticus showing continuous diffuse high voltage slow waves in his ictal EEG. His interictal EEG studies revealed Rolandic discharges (RD) during sleep. After the first episodes, he presented occasional partial seizures showing right hemi-clonic convulsions of the face and upper extremity shortly after falling in sleep suggesting that he had benign epilepsy of childhood with centrotemporal spikes (BECCT). This is the first report of non-convulsive status epilepticus in a patient with BECCT suggesting that the focal discharges of BECCT can cause non-convulsive status epilepticus by the generalization of abnormal discharges.

収録刊行物

  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society

    てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 14(3), 192-197, 1996-10-31

    一般社団法人 日本てんかん学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008555759
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09120890
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ