てんかん患者のMobility低下に関する検討  [in Japanese] Decrease of Mobility in Epileptic Patients  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 栗原 まな KURIHARA Mana
    • 神奈川県総合リハビリテーションセンター小児科 Department of Pediatrics, Kanagawa Rehabilitation Center
    • 熊谷 公明 KUMAGAI Koumei
    • 神奈川県総合リハビリテーションセンター小児科 Department of Pediatrics, Kanagawa Rehabilitation Center

Abstract

てんかん発症以前は歩行可能であったにもかかわらず、てんかん発症後、寝たきりの状態に退行した11例を対象とし、背景因子、てんかん類型・治療経過について比較検討した。てんかん発症後6年未満で寝たきりの状態に退行した群では、てんかん発作は1日1回未満に減らず、未決定てんかん・全般てんかんが多く、mobility (機能面からみた移動能力) の低下は、てんかんそのものないしは抗てんかん薬の影響による活動性や筋緊張の低下に由来していた。6年以上たって寝たきりになった群では、全般てんかん・局在関連性てんかんが多く、前者より発作はコントロールしやすかったが、mobility低下の要因には、運動量や介助量の減少といった社会的要素が加わっていた。てんかん患者におけるmobility低下を防ぐためには、発症早期からの適切なてんかん治療、特に抗てんかん薬の適正使用に加え、二次障害に対する身体的・精神的・社会的なリハビリテーションが必要である。

We investigated the factors of decreasing the mobility in epileptic patients. The subjects were 11 cases with epilepsy who became bed-ridden after the onset of epilepsy though they had been able to walk alone. Those who became bed-ridden within 6 years after the onset of epilepsy showed the following characteristics; frequent seizures such as more than once a day, undetermined or generalized epilepsy. On the contrary, the main causes seemed to be the social problems such as decrease in exercise or caring ability of the families after the patients' school age in those who became bed-ridden after 6 years from the onset of epilepsy. Not only the appropriate treatment for epilepsy from the onset but also physical, mental and social rehabilitation is very important for epileptic patients to prevent the decrease of mobility.

Journal

  • Journal of the Japan Epilepsy Society

    Journal of the Japan Epilepsy Society 18(1), 3-9, 2000-02-29

    JAPAN EPILEPSY SOCIETY

References:  7

Cited by:  2

  • インフルエンザ脳症の発症因子の解明と治療及び予防方法の確立に関する研究  [in Japanese]

    森島 恒雄 , 富樫 武弘 , 中村 祐輔 , 横田 俊平 , 田代 眞人 , 岡部 信彦 , 奥野 良信 , 布井 博幸 , 山口 〓次 , 細矢 光亮 , 市川 光太郎 , 水口 雅 , 河島 尚志 , 塩見 正司 , 市山 高志 , 玉腰 暁子 , 佐多 徹太郎 , 木村 宏 , 山田 至康 , 宮崎 千明 , 黒木 春郎 , 鍵本 聖一 , 岩崎 琢也 , 栗原 まな , 奥村 彰久 , 前田 明彦 , 中野 貴司 , 荒川 浩一 , 尾内 一信 , 藤井 史敏 , 安井 良則 , 坂下 裕子 , 黒川 雅代子 , 瀬藤 万里子 , 井上 ひとみ , 多屋 馨子 , 岡田 晴恵 , 二宮 伸介 , 山下 信子 , 長尾 隆志 , 和田 智顕

    小児感染免疫 17(4), 343-366, 2005-12-01

    References (20)

  • Investigation to Sequelae of Acute Encephalopathy  [in Japanese]

    KURIHARA Mana , NAKAE Yoichiro , KOHAGISAWA Toshitaka , KUMAGAI Komei , ETO Yoshikatsu

    NO TO HATATSU 33(5), 392-399, 2001-09-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13) Cited by (4)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008556136
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10043823
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09120890
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top