発作頻度増加に従い乳房腫大を合併した症候性全般てんかんの男性例 A Man Case of Symptomatic Generalized Epilepsy with Gynecomastia Associated with Frequent Epileptic Seizures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

てんかん発作により機能性に内分泌異常をきたし、乳房腫大を引き起こしたと考えられる症候性全般てんかんの1例を経験した。来院時、乳房腫大 (Tanner stage2) を認め、1日1-2回、1分程度続くglobal tonic seizureと頻回のaxial tonic seizureが認められた。脳波所見では両側広汎性に不規則なslow spike and waveとhigh voltage slow waveが1-2秒連続しているのが認められた。てんかん発作後のホルモン動態ではFSHの増加は確認できなかったが、LH、PRL、E2の上昇が認められた。<BR>VPAの投与開始後に発作回数は減少し、乳房腫大もしだいに改善傾向となった。本症例では、発作原性に乳房腫大を来したと推定された。

We present a case of symptomatic generalized epilepsy with gynecomastia. The patient had frequent axial tonic seizures and several global tonic seizures in a day. Interictal EEG showed bilateral slow spike and wave discharges. After an epileptic seizure, serum FSH levels didn't increase, but serum LH, PRL and E 2 levels increased. The seizures were reduced by VPA, and then gynecomastia resolved gradually. Consequently, we suggest that frequent epileptic seizures contributed to the gynecomastia by ictal pulsatile hormonal changes.

収録刊行物

  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society

    てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 18(2), 148-152, 2000-06-30

    一般社団法人 日本てんかん学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008556303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09120890
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ