脳と創造性  [in Japanese] Brain and Creativity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 岩田 誠 IWATA Makoto
    • 東京女子医科大学脳神経センター Neurological Institute, Tokyo Woman's Medical University

Abstract

ヒトの脳には現実世界からの感覚情報を受容してそれに反応する神経機構と共に、過去の反応様式の記憶を想起して仮想現実としての反応を試行する神経機構とが並列的に存在している。この仮想現実を形成する能力は、一方では芸術活動における創造性に繋がるが、他方では幻覚や妄想として異常な精神活動を生じることにもなる。すなわち、幻覚·妄想と芸術的創造性の源泉には、共通の神経機構が存在していると考えられる。両者を分けるところの重要なものは、脳内に想起された仮想現実を、自らの意志に基づく意図的な行為と自覚できるかどうかによっているものと思われる。

Journal

  • Journal of the Japan Epilepsy Society

    Journal of the Japan Epilepsy Society 19(2), 101-110, 2001-06-30

    JAPAN EPILEPSY SOCIETY

References:  16

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008556395
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10043823
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09120890
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top