ラットにおける拘束ストレスに伴う神経伝達物質放出に対するコーヒーの抑制作用 Modulatory Effect of Coffee on Restrained Stress-induced Release of Neurotransmitters in Rat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大和 孝子 YAMATO Takako
    • 中村学園大学家政学部食物栄養学科食品加工学研究室 Laboratory of Food Processing, Department of Food and Nutrition, Faculty of Domestic Science, Nakamura Gakuen University
    • 紀 麻有子 KINO Mayuko
    • 中村学園大学家政学部食物栄養学科栄養生理学研究室 Laboratory of Nutritional Physiology, Department of Food and Nutrition, Faculty of Domestic Science, Nakamura Gakuen University
    • 太田 英明 OHTA Hideaki
    • 中村学園大学家政学部食物栄養学科食品加工学研究室 Laboratory of Food Processing, Department of Food and Nutrition, Faculty of Domestic Science, Nakamura Gakuen University
    • 青峰 正裕 AOMINE Masahiro
    • 中村学園大学家政学部食物栄養学科栄養生理学研究室 Laboratory of Nutritional Physiology, Department of Food and Nutrition, Faculty of Domestic Science, Nakamura Gakuen University

抄録

コーヒーとその主要構成成分 (カフェイン, クロロゲン酸) のラットにおけるストレス緩和効果について調べた。ラットの脳海馬における神経伝達物質セロトニン (5-HT) とドーパミン (DA) 放出レベルを <i>in vivo</i> マイクロダイアリシス法を用いて調べ, ストレッサーとして拘束を採用し, 拘束ストレスの負荷前後と, コーヒーと構成成分投与後の拘束負荷前後の5-HTとDA放出レベルを比較した。投与量はヒトがコーヒー1杯を摂取する際の量を基準にラットの体重に換算した値を用いた。拘束ストレス (100分間)は脳海馬細胞外5-HTレベルを著しく上昇した。コントロール実験として2回目拘束の直前に生理的食塩水投与を行った。2回目拘束を行った場合の5-HTレベルの上昇は1回目に比べ約85%であった。コーヒー投与では2回目拘束で1回目の約37%と低下し, 生食水の場合と比べて有意 (<i>p</i><0.05) であった。カフェイン投与でもほぼ同様 (約33%, <i>p</i><0.05 <i>vs</i> 生食水) であったが, クロロゲン酸投与ではむしろ1回目より若干増加した。DAレベルに関しても同様な傾向はあったが, 5-HTレベルほど顕著ではなかった。以上のことから, コーヒーは, ラットにおいても, ストレスを緩和するのに貢献していることを示唆する。

We investigated whether coffee and its components (caffeine and chlorogenic acid) reduce stress in rats. <i>In vivo</i> microdialysis was used to characterize the effects of coffee, stress, and their interaction on the serotonergic and dopaminergic systems. Immobilization of the rats for 100min markedly increased the hippocampal levels of dopamine (DA) and serotonin (5-HT). Thereafter, 100min of rest restored the levels of DA and 5-HT to basal values. Treatment with 33mg/kg instant coffee (equivalent to the amount contained in one cup of coffee) or 1.7mg/kg caffeine (equivalent to one cup of coffee) reduced the second restraint-induced increase of the neurotransmitters, especially 5-HT. On the other hand, neither saline nor 1.7mg/kg chlorogenic acid (equivalent to one cup of coffee) reduced the increases. These results suggest that coffee administration helps to relax rats subjected to restraint-induced stress, and that this effect could be due to caffeine. Taken together, these findings suggest that coffee has a modulating effect on the stress response in rats.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 55(2), 85-91, 2002-04-10

    公益社団法人 日本栄養・食糧学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008561282
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    6148754
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ