JPLTの治療結果からみた肝芽腫の治療方針  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

肝芽腫治療において, 新たな治療法の確立にあたっては, すでに欧米で行われているようなグループスタディによる検討が必須であり, このため本邦でも1991年より日本小児肝がんスタディグループが結成され, 新たなプロトコールのもと, グループスタディが始まった。1995年までの登録例について治療成績につき検討し, 小児肝芽腫の治療方針を明らかとした。肝芽腫治療において生存例を得るには, (1) 肝腫瘍の完全摘出が必要であり, 病期IIIA, Bでは術前化学療法により腫瘍の縮小をはかり, 腫瘍完全摘出に持っていくべきである。 (2) 肺転移が予後因子として重要であり, 肺転移の予防・治療が必要である。肺転移巣が切除可能の場合は, 肺部分切除により転移巣の切除を行なうべきである。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 132-137, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  14

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008561900
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top