小児悪性腫瘍に対する鏡視下手術の工夫と利点  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

腹部神経芽腫に対する腹腔鏡下手術を組み入れた治療戦略を中心に報告する。早期神経芽腫に対してはポート再発の観点より, 従来の開腹による摘出術が第一選択となるが, 経過観察されたマススクリーニング症例は, 腹腔鏡下摘出術の良い適応である。また, 進行神経芽腫に対する腹腔鏡下生検術は, その侵襲も軽く, 術後早期からの大量化学療法も可能であり, 従来の開腹生検術に比し有利な点が多い。小児悪性腫瘍に対する内視鏡下手術はいまだ発展途上であるが, 症例を重ねることにより, 将来的には日常の手術になりうるものと考えられた。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 149-152, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008561934
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top