乳癌におけるsentinel node biopsy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

乳癌手術において腋窩リンパ節郭清は主にstagingと術後補助療法の決定を目的として行われてきた。しかしsentinel node biopsy (SNB) により腋窩リンパ節転移状況を正確に診断でき, 腋窩リンパ節転移陰性例には腋窩リンパ節郭清を省略しうることが明らかとなってきた。SNBには色素とラジオアイソトープの併用により色素単独, ラジオアイソトープ単独の短所を補うことができるので, 併用して行っている。また, sentinel nodeの術中転移診断には微小転移を正確に検出できる捺印細胞診を用いている。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 159-162, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008561966
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top