胃癌に対するsentinel node navigationにおけるRI法の手技に関する検討  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

欧米を中心に乳癌や悪性黒色腫に対するsentinel node navigationが臨床応用されている一方で, 消化器癌についてはその概念を適用することの妥当性についても賛否両論があり, 実際の手法も確立されていない。われわれは1998年より術前内視鏡により主病変粘膜下層にトレーサーを注入するいわゆるRadio-guided method (RI法) を試みてきた。比較的粒子径の大きな99mTechnetium (Tc) tin colloidを用いることでトレーサーはSentinel node (SN) への安定した集積を呈し, 投与後1時間および20時間の比較においてほぼ同様の分布を示した。こうした特性から99mTc-tin colloidを用いたRI法では, 短時間に拡散してしまう色素とは異なり, 観察時期によらず定量的なSN同定が可能であった。また, 消化器癌ではSNが予想外の部位に複数存在することがあるため, 術前シンチグラフィーや術中γプローブによる検索は極めて有用である。とくに腹腔鏡下のsentinel node navigationにはRI法は必須の手技であり, 色素法との併用により確実なSN同定手技として臨床応用しうるものと考えられる。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 177-181, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  14

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008562009
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top