大腸癌多発症例の検討  [in Japanese] Studies on Multiple Colorectal Cancer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年大腸多発癌症例は増加している。最近13年間に当科で経験した大腸多発癌39症例 (同時性29症例, 異時性6症例, 同時性かつ異時性4症例) について, 同期間の単発癌490症例 (対照) と比較検討した。多発癌の病変数は計93病変で, 占居部位は直腸 (28.0%), S状結腸 (37.6%) に多く, その分布は対照とほぼ同様であった。組織学的壁深達度は同時性の第1癌では対照と同じくse (a2) が多かったが, 第2癌ではm, smの早期癌を24病変 (64.9%) と多く認めた。組織型は高分化型腺癌が多く, 多発癌症例において腺腫の合併頻度が高かった。5年生存率は, 多発癌79.4%, 対照67.7%で差を認めなかったが, 異時性多発癌症例の, 第2病変の手術は平均5年6ヵ月後に施行されており, 全例が5年生存例であった。大腸癌においては多発癌を念頭においた術前, 術中および術後の検索が重要と考えられた。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 235-239, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  24

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008562179
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top